トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:メラノーマ ASCO 2021:進行性メラノーマにおける併用免疫療法の利点は6年以上持続する

08 Jun 2021

転移性メラノーマに対する併用免疫療法の臨床試験の最長追跡結果では、ニボルマブとイピリムマブの投与を受けた患者のほぼ半数が、治療後中央値で6年半生存と報告した。

CheckMate 067臨床試験に由来する結果は、免疫チェックポイント阻害剤で治療したメラノーマ患者の生存率の新しいランドマークを示している。

Dana-Farber Cancer Institute のMelanoma CenterおよびCenter for Immuno-Oncologyの所長である F. Stephen Hodi 医学博士は、この研究の共同上席著者である。

調査結果は、6月4~8日までオンラインで開催される2021年American Society of Clinical Oncology (ASCO) 年次総会で発表される。

この臨床試験では、外科的に切除できなかった未治療のstage III またはIV のメラノーマ患者を対象に、ニボルマブとイピリムマブの単独投与と併用投与を比較した。

どちらの薬剤も、免疫チェックポイントとして知られる T 細胞上のタンパク質を標的とし、免疫チェックポイントは一部のがん細胞がT細胞による攻撃から身を守るために利用する。

これらの薬剤は、これらのタンパク質を妨げることによって、そのような攻撃に対するブレーキを基本的に解除する。

ニボルマブは PD-1 チェックポイントタンパク質を標的とし、イピリムマブは CTLA-4 チェックポイントタンパク質を標的とする。

この試験では、ニボルマブとイピリムマブの併用、ニボルマブとプラセボの併用、またはイピリムマブ単独投与に患者が無作為に割り当てられた。

治療から 6 年半後、ニボルマブとイピリムマブの併用療法を受けた参加者は、いずれかの薬剤のみを投与された参加者よりも生存率が高く、病気が進行していない可能性が高かった。

6 年半の時点で、併用療法群の 49% が生存していたが、ニボルマブ単独治療群では 42%、イピリムマブ単独治療群では 23% だった。

無増悪生存期間-生存し、がんが悪化しなかった患者の割合-は、併用療法群で 34%、ニボルマブ単独群で29%、イピリムマブ単独群で7%だった。

生存期間中央値―患者の少なくとも半数がまだ生きていた期間―は同じパターンに従った。

ニボルマブとイピリムマブ併用群の生存期間中央値は72.1か月、つまり6年強だった。

ニボルマブ群の生存期間中央値は36.9か月であり、イピリムマブ群の生存期間の中央値は19.9か月だった。

「これは、ニボルマブとイピリムマブを組み合わせた第III相進行性メラノーマ臨床試験の最長の追跡調査である」と、Hodi氏は述べている。「この試験は、この組み合わせの継続的で永続的な利点を裏付ける」

https://ecancer.org/en/news/20371-asco-2021-benefits-of-immunotherapy-combination-persist-for-more-than-six-years-in-advanced-melanoma

(2021年5月28日公開)

IAS 2021 Conference News 速報
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Croi 2021 Conference News 速報
Literature-based Program
ecancer
国際学会カレンダー