トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:慢性リンパ性白血病 研究者らは白血病の最も一般的な形態に関連するタンパク質マーカーを特定

01 Aug 2021

慢性リンパ性白血病(CLL)は、西欧諸国で最も一般的な白血病である。 Journal of Leukocyte Biology誌に発表された新たな研究では、特定のタンパク質マーカーが、どの患者が安定型のCLLであり、どの患者がより侵攻型であるかを示している可能性があることを明らかにしている。

これらのタンパク質を特定することは、患者予後の決定に役立つだけでなく、新たなCLLの治療法を探求している研究者の潜在的な治療標的を示す可能性もある。

「この結果は、患者の臨床的特徴が類似しており、疾患経過の予測が困難な初期段階におけるCLL細胞のタンパク質組成に対する有意義な生物学的アプローチを提供する。我々の結果は、タンパク質のプロファイルがこの病気がさらにどのように進行するかを予測する」と、フランスのCHU de Brestの筆頭著者であるCristina Bagacean博士は述べている。

「このアプローチは、CLLの進行を防止するために推定される治療標的を特定する可能性がある」

https://ecancer.org/en/news/20656-scientists-identify-protein-markers-related-to-the-most-common-form-of-leukaemia

(2021年7月21日公開)

IAS 2021 Conference News 速報
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Croi 2021 Conference News 速報
Literature-based Program
ecancer
国際学会カレンダー