トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:肺がん WCLC 2022:POSEIDONにおけるKRAS/STK11/KEAP1変異と転帰の関連性:mNSCLCにおけるデュルバルマブ ± トレメリムマブ +化学療法

18 Aug 2022

ウィーンで開催されたIASLC World Conference on Lung Cancer 2022で発表されたPOSEIDON試験の研究結果によると、STK11、KEAP1、KRASの変異状態にかかわらず、トレメリムマブ、デュルバルマブ、化学療法の併用療法を受けた転移性非小細胞肺がん患者は、化学療法単独群と比較して全生存期間が延長したことが明らかになった。

すでに報告されている第III相POSEIDON試験の結果では、EGFR/ALK野生型の転移性NSCLC患者に対して、トレメリムマブ、デュルバルマブ、化学療法を最初に投与したところ、無増悪生存期間および全生存期間が化学療法単独に比べ統計的に有意に改善された。

CTLA-4阻害はT細胞の拡大をサポートし、PD-L1阻害は腫瘍でのT細胞の抑制を克服し、化学療法は腫瘍細胞の死と抗原の放出を引き起こし、免疫反応を呼び起こす可能性がある。

STK11とKEAP1の変異は予後不良と相関し、化学療法に反応しにくい、免疫学的に「冷たい」腫瘍と関連している。
KRAS変異のあるNSCLCは不均一で、STK11および/またはKEAP1と共変性していることが多い。これらの知見に基づき、研究者らは、トレメリムマブ、デュルバルマブおよび化学療法の3剤併用療法が、転移性NSCLC患者のうち治療困難なサブグループの臨床転帰を改善する可能性があると理論づけた。
Lausanne University(スイス)のCentre Hospitalier Universitaire VaudoisのSolange Peters博士らは、POSEIDONにおいて、KRAS、STK11、KEAP1の変異状況に応じた生存期間の予備解析を実施した。
Peters博士と研究者らは、1,013名の患者を、腫瘍細胞のPD-L1発現(≥50% 対 <50%)、病期(IVA 対 IVB)、組織型(扁平上皮 対 非扁平上皮)によって層別化し、初回治療のトレメリムマブ、デュルバルマブと化学療法、デュルバルマブと化学療法、化学療法のみに1:1:1 で無作為に割り付けた。 患者の腫瘍は、腫瘍組織DNAおよび/または循環腫瘍DNAサンプルの配列決定により、分子的特徴を明らかにした。KRAS、STK11、KEAP1に機能的変異がある患者とない患者で、無増悪生存期間と全生存期間を分析した。 変異を評価した非扁平上皮NSCLC集団には、腫瘍の分子的特徴が明らかになった612名の患者(治療予定非扁平上皮集団の96%)が含まれ、KRASm、STK11m、KEAP1mはそれぞれ30%、14%、6%だった。 全生存期間のハザード比は、KRAS、STK11、KEAP1の変異の有無にかかわらず、トレメリムマブ、デュルバルマブ、化学療法群が化学療法群に対して有利であり、治療目的集団における結果と一致している。 「注目すべきは、KRASm、STK11m、KEAP1mを含むすべてのサブグループにおいて、トレメリムマブ、デュルバルマブ、化学療法群は、化学療法群に対してランドマーク24か月全生存率が高く、3剤併用療法による持続的効果が示唆された」とPeters博士は報告している。 「KRASm、STK11m、またはKEAP1m腫瘍を含む転移性NSCLC患者に対する第一選択治療として、トレメリムマブ、デュルバルマブおよび化学療法を併用することを支持する」と、Peters氏は報告した。 https://ecancer.org/en/news/22106-wclc-2022-association-between-kras-stk11-keap1-mutations-and-outcomes-in-poseidon-durvalumab-tremelimumab-chemotherapy-in-mnsclc

(2022年8月9日公開)

【8月1日19時より】AIDS 2022 Conference News 速報
HIV感染症治療教育プログラム
CROI 2022 Conference News 速報
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
HIVクイズ
ecancer
国際学会カレンダー