トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:膵臓がん 女性の方が男性より膵臓がんの罹患率が高い

20 Feb 2023

Cedars-Sinai Cancerの研究者らは、全米規模の大規模調査によって、膵臓がんの発生率が上昇していること、そして同年代の男性よりも若い女性、特に黒人女性で、より速く上昇していることを確認した。

この研究成果は、本日、Gastroenterology誌に掲載された。

「われわれは、女性の間で膵臓がんの罹患率の急速な上昇を示すことができる。これは、この分野でのさらなる研究の必要性を注意喚起する」と、Cedars-Sinai のPancreatic Biliary Research の副ディレクターであり、研究の上席著者であるSrinivas Gaddam氏は述べている。「こうした傾向を理解し、将来的に女性に不釣り合いな影響を与えないように、今日から改善する必要がある」

膵臓は、胃のすぐ後ろにあり、体内の食物の消化や糖分の処理を助ける酵素やホルモンを分泌している。

膵臓がんは、主要ながんの中で死亡率が最も高く、米国のがん死亡全体の3%を占め、女性よりも男性に多くみられる。

今回、研究者らは、米国人口の約64.5%を占める全米がん登録プログラム(NCPR)のデータベースから、2001~2018年に膵臓がんと診断された患者のデータを精査した。

研究者らは、膵臓がんの発症率が女性、男性ともに増加していることを発見した。

55歳以下の女性では、同年齢の男性よりも2.4%高く、それ以上の年齢の男女では同程度の増加が観察されたのは予想外だった。

さらに、若い黒人女性の割合は、若い黒人男性よりも2.23%高くなった。

「膵臓がんの生存率は毎年向上していると報告されているが、それはおもに男性の場合である。女性の死亡率は改善されていない」と、Gaddam氏は述べた。

研究者らは、腫瘍の種類と位置に関連する一つの可能性を提唱している。

膵臓の頭部に発生し、特に侵攻性が高く死に至る腫瘍である膵頭部腺がんの発生率が増加していることが、研究者らによって明らかにされた。

Gaddam氏は、こうした傾向の原因を調べることが今後の研究にとって重要であるとしながらも、現時点では増加幅は小さく、今回の研究結果は警戒すべきものではないと強調した。

「データは、膵臓がんリスクのわずかな増加を示している」と、彼は述べた。「そして、その認識は、喫煙を止め、飲酒を減らし、健康的な食事をし、定期的に運動し、体重管理の必要性に再注目させるかもしれない。これらのライフスタイルの変化は、すべて膵臓がんリスクを減少させるのに役立つ」

慢性的に腹痛のある人は、しばしば膵臓がんではないかと心配されるが、それは通常、別の疾患の兆候であるとGaddam氏は述べた。

しかし、原因不明の体重減少や黄疸(皮膚や白目が黄色くなること)がある場合は、膵臓がんやその他の重大な病気の可能性があるため、医師の診察を受けるべきである。

今後、Gaddam氏は、女性と男性の膵臓腫瘍の違いの可能性を検討するなど、これらの傾向の原因を明らかにすることに重点を置いて研究を進めていく。

この継続的な研究は、患者の転帰や効果的治療へのアクセスにおける格差を特定し、対処することを目的として、新しい医療介入の効果を評価するのに役立つ」と、Cedars-Sinai Cancer長で PHASE ONE Distinguished Chair の Dan Theodorescu氏は述べている。「これは、われわれが多様な人々にサービスを提供し、世界中の患者のために公衆衛生政策に情報を提供できるように、Cedars-Sinai Cancer 全体で継続的に注力していることである」

https://ecancer.org/en/news/22706-study-confirms-pancreatic-cancer-rates-rising-faster-in-women-than-men

(2023年2月14日公開)

HIV感染症治療教育プログラム
【10月23日19時より公開】EACS2023 速報
IAS2023 速報
CROI2023 速報
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
HIVクイズ
ecancer
国際学会カレンダー