トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:メラノーマ AACR2023:免疫療法単独治療により、一部のメラノーマ患者で「非常に優れた」奏効率

09 May 2023

国内臨床試験のデータでは、desmoplastic melanoma患者の89%が免疫療法(ペムブロリズマブ)単独に反応するという驚くべき結果が得られており、多くの患者が併用療法による毒性のリスクを回避し、この治療法でがんコントロールを達成できることが示唆されている。

Desmoplastic melanomaは、メラノーマ皮膚がんのサブセットであり、高レベルの紫外線(UV)障害によって引き起こされ、多くの腫瘍変異があり、そのすべてが侵攻性疾患の発症と成長に寄与している。

「すべてのメラノーマが同じではなく、治療に対する反応も同じ程度ではない。これらの特殊な患者に最適な治療戦略を特定することで転帰を改善することができる。これがわれわれの継続的な目標である」と、Ohio State University Comprehensive Cancer Center-Arthur G. James Cancer Hospital and Richard J. Solove Research Institute(OSUCCC – James)でメラノーマ治療を専門とする腫瘍医である研究代表者のKari Kendra氏は述べた。

「この研究は、これらの患者にとって併用療法が必要かどうかを真に問うものであり、患者固有の腫瘍の特徴に基づいた治療をさらに調整し、併用療法による毒性の可能性を低減するのに役立つ重要な知見を提示している」

Kendra氏は、4月16日(日)15時30分(日本時間)から開催されるAACR2023年年次総会で、チームの研究成果を報告する。

SWOG Cancer Research Networkが支援する本試験では、切除可能メラノーマ患者30名を対象にペムブロリズマブ(販売名:キイトルーダ)を3サイクル投与し、治療後に病変を認めない病理的完全奏効率を55%としたコホートAに関する結果をすでに報告している。今回、研究者らは、切除不能疾患を有する患者に対してペムブロリズマブを投与したコホートBの結果について報告した。

手術で治療できないdesmoplastic melanoma患者27名を募集した。参加患者のうち、89%がペムブロリズマブによる単剤免疫療法治療で良好な治療反応を示し、33%が完全奏効を示した。

「ペムブロリズマブ単剤投与でこれだけの奏効が得られたのであれば、毒性の可能性が高まる併用療法は、切除不能desmoplastic melanoma患者の第一選択療法としては必要ない」と、Pelotonia Institute for Immuno-Oncologyの研究者であり、Ohio State University College of Medicineの教授でもあるKendra氏は述べている。

「メラノーマ治療は多くの進歩により、全生存期間が改善されていて、治療の選択肢はたくさんある。 今、われわれが注目しているのは、それぞれの患者にとって最適なアプローチをどのように決定するかということである」

本研究(S1512)は、National Institutes of Health/National Cancer Instituteから、助成金CA180888およびCA180819の資金提供を受けた。また、Checkmate Pharmaceuticals社、GlaxoSmithKline社、Immunocore社、Medspace社、Merck社(試験薬メーカー)、Novartis社、Varian Medical Systems社から財政支援を受けた。

本研究の共著者は、Shay Bellasea, Zeynep Eroglu、Siwen Hu-Lieskovan、Katie M. Campbell、William Carson III、David Wada、Jose A. Plaza、Jeffrey Sosman、Gino K. IN、Alexandra Ikeguchi、John Hyngstrom、Andres Brohl、Nikhil I. Khushalani、Joseph Markowitz、George Negrea、Samer Kasbari、Gary C. Doolittle、Umang Swami、Toni Roberts、Sapna P. Patel、Elad Sharon、James Moon、Michael C. Wu、 Antoni Ribasである。

https://ecancer.org/en/news/22972-aacr-2023-treatment-with-immunotherapy-alone-produces-exceptional-response-rates-in-some-melanoma-patients

(2023年4月19日公開)

【7月26日19時より公開】IAS2023 速報
【2月22日19時より公開】CROI2023 速報
HIV感染症治療教育プログラム
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
AIDS 2022 Conference News 速報
HIVクイズ
ecancer
国際学会カレンダー